» 2014 » 9月のブログ記事

レーザー脱毛器の副作用

| 未分類 |

脱毛を行う場合、脱毛クリニックなどを利用して永久脱毛を行う場合があります。脱毛クリニックの永久脱毛の場合、レーザー脱毛器を利用することになります。この脱毛方法は、高出力の医療用レーザーを照射して、毛のメラニン色素を狙い撃ちにすることになります。メラニン色素は黒い色なので、レーザーのエネルギーを吸収して、毛根を破壊することができます。非常に短時間で脱毛できるため、人気があります。しかし、高出力の医療用レーザーを使うため、副作用が起こる場合もあります。gf1420135114lもっとも一般的なのは、脱毛時の痛みや脱毛した後の毛穴が赤くなるというものです。脱毛時の痛みは、ワックス脱毛などと比較すれば、かなり小さな痛みとなります。感じ方は人それぞれですが、痛み自体が大きな支障につながることは通常ありえません。また、脱毛時にできる毛穴の赤みも、数日程度で改善するため支障になるほどのものではありません。しかし、場合によってはひどく炎症を起こしたり、膿を持つ場合もあります。そのため、そのような状態になった場合には医療機関の受診が欠かせません。レーザー脱毛は、お肌に軽度のダメージが加えられることになります。そのため、保湿クリームを塗るなどのケアが重要となります。

最近の投稿