» 2014 » 10月のブログ記事

サロンに通うより時間がかかる

| 未分類 |

自宅で自分のペースで行うことのできるレーザー脱毛器ですが、
サロンのものに比べると光が弱く、何度も行なわなければいけません。
施術も自分で行うので、腕や脚のような直接見える部位はいいですが、
背中のような自分で見ることのできない部位を行うのは大変です。

 

 

また、光の調節機能もありますが、自分ではどの部位をどの程度の強さでやったらいいかがわかりません。
強い方が効果的だとうと、全ての部位を一番強い光で行う人もいて、
お肌を傷めてしまうこともあります。
デリケートな部位は回数がかかっても、弱い光で行うことが大切です。

gf1950145872l

そして、サロンでは毛の生え変わりのサイクルに合わせて施術を行うので、
効率よくムダ毛をなくしていくことができます。
レーザー脱毛器は、空いた時に自分のペースで脱毛することができますが、
いつやったかどうかを把握することは難しく、次はいつやったらいいか、わからなくなってしまいます。
部位によっても、毛の生え変わりのサイクルは違うので、ますます管理は難しくなります。

 

 

自分で施術を行うという手間や、毛のサイクルを管理する大変さ、
そして光が弱いので何度も照射しなければいけないのでサロンに通うよりも時間がかかってしまいます。

産毛にはあまり効果が無い

| 未分類 |

レーザー脱毛のデメリットとして挙げられるのが、産毛に対しての脱毛効果です。
レーザーでの施術は、黒い色素であるメラニンに反応させて、毛根へダメージを与える事により、毛を取り除く訳ですが、小さい毛には、反応するメラニンが少なく、毛根にダメージを与えられません。
結果的に脱毛する事ができないので、レーザー脱毛のデメリットと言えます。

 

 

ですが、何回も小さい毛の部分にレーザーを照射する事で、脱毛は可能なのですが、何回も通う必要がありますので、費用や時間が掛かります。
何よりも、それだけ肌への負担があるという事なので、細かい毛や小さい毛を脱毛する場合は、脱毛エステサロンに通われている方は、よく相談した方が良いでしょう。

 

 

最新のレーザー脱毛器を備えている脱毛エステサロンでしたら、細かい部分も脱毛できますので、レーザーで脱毛したい場合は、その点を理解して、脱毛エステサロン選びをすると良いでしょう。
また、店員の施術の腕にも左右される所がありますので、いきなり脱毛を頼むのではなく、体験キャンペーンや問い合わせをしてみて、施術が可能かどうか聞いてみて下さい。
自宅の脱毛器を使用している方は、事前に調べてから購入する事をお薦めします。

 

gf1940270332m

 

このようにレーザー脱毛は、細かい毛や小さい毛への脱毛効果は薄いのです。

レーザー脱毛器のデメリット

| 未分類 |

レーザー脱毛器のデメリットですが、産毛のような薄い毛にはあまり効果がない所です。gf1940270287l
特徴として、レーザーが黒い色素であるメラニンに反応して、毛根にダメージを与えて、脱毛していくのですが、これが薄い毛ですと、黒い色素の部分が少なくて、あまり反応しないのです。
ですから、どうしても産毛をレーザーを使って脱毛しようとする場合は、何回も同じ所をしなくてはならず、あまり効率的ではないのです。

 

 

また永久脱毛を謳ってレーザー脱毛をしている場合もありますが、厳密に言えば、完全な永久脱毛にはなっていないのです。
他の脱毛の方法であるニードル脱毛の場合は、1本1本毛穴を処理していますので、確実性が高いのですが、レーザーだと確実性が薄いのです。
またレーザーは出力によって、痛みの感じ方や脱毛具合が変わるなどのバラつきもありまして、比較的安全ですが、そういう事もありうるのです。

 

 

もう一つのデメリットとしてあるのが、肌が黒すぎる人は、逆に反応が良すぎて施術できません。
太い毛にはメリットですが、ホクロがある人や日焼けした人への施術は難しいので、脱毛自体できない可能性があります。

 

 

メリットも多いのですが、メラニンが多いか少ないかでデメリットが発生します。

痛みが伴うことがある

| 未分類 |

脱毛エステサロンでのレーザー脱毛ですが、痛みを伴うことがあります。
これは、どうしても仕方のないことでして、それぞれの脱毛エステサロンで努力はされていますが、感じ方は人それぞれですので、絶対に何も感じないという事はありません。

 

 

しかし、脱毛エステサロンでは、レーザー脱毛の施術前にひんやりとしたジェルを塗って、感じにくくしたり、最新のレーザー脱毛器を用いて、安全に脱毛をされています。
ですから、脱毛エステサロンを利用する人の多くは、不安なく通われていますが、どうしても怖さがあるのでしたら、事前に言っておきましょう。
そうすると、しっかりとした対策をしてくれるはずです。

gf1940124430m

 

もし違和感を感じたとしても、ゴムが肌を弾くような感じになるだけで、痛いという風な感じではありません。
肌が黒い人やホクロがありますと、レーザーの照射でメラニンが反応しますので、少しの刺激があります。
ですから、毛が濃い人ほど刺激が強いですが、刺激があるという事は、脱毛できているという証拠でもあるので、一概に悪い事でもないのです。

 

 

このように肌に刺激があり、感じ方も人それぞれ違いますが、脱毛エステサロンでは色々な技術で痛くないようにしてくれいます。

正しく管理するのが面倒

| 未分類 |

脱毛は女性としてのマナーと言われるほど、毛の処理って大切ですよね。ムダ毛ぼさぼさの女子には誰も魅力を感じません。
最近ではサロンに行くほか、セルフケアの方法も充実しています。レーザー脱毛器やフラッシュ脱毛器などが代表される商品ですね。しかし、レーザー脱毛器はしっかり保管に気を付けないと、大変なことになる場合があるんです!

gf1940124373m

 

まず、消耗品を管理するこ。、たとえばカートリッジです。最初に購入したときにある程度の量がついてきますが、やはり長期的に続けることでなくなってしまいます。 なくなったときには、自分で購入をしなければいけないのですが、安さだけをついつい追い求めてしまうと肌を傷つけかねません。特にわきに使用する場合は汗腺が多いため皮膚がただれたり跡が残りやすくなってしまいます。

 

 

次に、使用するときは使用してもよい部位・使用してはいけない部位をしっかりわきまえて使うことです。そのために、当たり前のことなのですが、使用上の注意をよく読み安全に使用することが大切です。めんどくさいと思って使用上の注意をよく読まないと、後でトラブルになることがあるからです。

 

 

レーザー脱毛器は安全に使用してこそのものです。正しい使用法で、つるつるたまご肌を手に入れちゃいましょう!

レーザー脱毛器の危険

| 未分類 |

レーザー脱毛器は、果たして危険なのでしょうか。
確かに、素人や医療知識が無いものが扱う分にはレーザーは危険と言わざるを得ないでしょう。
というのも、光を利用した脱毛方法で一番強力であると同時に一番肌への影響があるとされているのがレーザーなのです。
そのため、現在日本ではレーザーを用いた脱毛器は医療機関でしか使用が認められていません。

gf1940072417l

 

もしも、レーザーを用いて脱毛をしてもらうのでしたら、医療機関で脱毛を申し込む必要があるでしょう。
レーザーの危険性と言えば、とにかく痛みがあるという事、さらにかなり肌にエネルギーを射出すること、そしてアフターケアが欠かせないことです。
もしも、レーザーを受けた後に保湿やクールダウンを試みな掛ければ、火傷や乾燥肌の原因となることでしょう。
その点、レーザーよりも出力が低い光脱毛はリスクはレーザーと一緒ですが、影響力は格段に小さくなっています。

 

 

レーザーを使うときは麻酔を使用しますし、医療機関でもレーザーを使用したらしっかりとアフターケアはなされます。
ですが、それでも肌トラブルが生じる可能性はあるので、もしもトラブルが起こったら医療クリニックにしっかりと相談する必要があるでしょう。

信頼できるメーカー選びが重要

| 未分類 |

最近は、エステサロン並の効果を期待することができる家庭用脱毛器が販売されています。
家庭用脱毛器は、エステサロンに行くことに抵抗がある人や、脱毛費用をなるべく安く抑えたい人を中心に人気が高まっています。

 

 

家庭用脱毛器の中でも脱毛効果が高いと言われているのは、レーザーを使用した脱毛器です。
美容クリニックで受けるレーザー脱毛と比べると、出力が低くなりますが、高い脱毛効果を期待することができるということで人気となっています。

gf1420361966l

 

レーザー脱毛器を使用するときは、使用方法を十分に確認して正いしい使用方法で使用しなければいけません。
使用方法を誤ってしまうと、火傷などの肌トラブルが起こることがあります。
場合によっては病院での治療が必要な状態になることがあるので十分な注意が必要です。

 

 

また、火傷まではいかなくても、炎症が起こることもあります。
このようなトラブルが起こらないようにするためには、信頼できるメーカーを選ぶということが重要です。
レーザー脱毛器の選び方として、まず、信頼できるものなのかどうかということをよく確認するようにしましょう。
インターネットでは口コミが多く出ているので、口コミを参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

多汗症になる恐れがあります

| 未分類 |

gf1420160078l

ワキのムダ毛が気になるとき、自己処理が面倒でこの先脱毛で時間や手間を取られるのは嫌だ!と思っている人の多くがワキの永久脱毛を受けます。
クリニックにてレーザー脱毛による施術を受けると、半永久的にワキのムダ毛が生えてこなくなりますが、その脱毛が原因で多汗症になる女性が増えています。

 
どうしてそのような症状が起こるのかというのは、実は未だ解明されていません。そのため有効な治療方法などもあまり無いのが現状ですが、ボトックス注射をすることで多少汗の量を減らすことが出来るといわれています。

 
そのためクリニックなどでボトックス注射を受ける対策を行うか、そこまでするつもりは無いという人は汗が目立たないように夏場はグレーなどの服は避けるようにするのが無難です。

 
また、制汗剤を使用するときは肌に密着しやすいロールオンタイプの使用がオススメです。

 
そして、なによりも「今汗が出ているんじゃないか?」と緊張したり不安になったりすることで、余計にワキから汗が出てくるようになってしまうため、汗が出ても気にしないというスタンスで毎日生活をおくっていると安心です。冬場でも汗が出てくるという人はわき汗パットなど市販品を上手に利用しましょう。

最近の投稿