ブラジリアンワックスをするデメリット

| 未分類 |

a0002_002034ハイジニーナ脱毛、いわゆるデリケートゾーンのムダ毛の処理をしたいと考えた場合、有効な方法の一つがブラジリアンワックスです。
ムダ毛を処理したい部位にワックスを塗り、そのワックスを剥がす時に、ムダ毛も一緒に剥がすように引き抜いていく方法です。
ムダ毛を一気に引き抜いていく事が出来るので、施術が終了すれば、すぐにムダ毛がない綺麗な肌を手に入れる事が出来ます。
そんなブラジリアンワックスにもいくつかのデメリットがあります。
その一つが、施術の際に痛みを感じる事です。
毛を毛根から引き抜いていく事になるので、抜く瞬間は痛いと感じる事になります。
デリケートゾーンというのは、皮膚が敏感な部位の上に、生えているムダ毛も太くてしっかりとした毛の為、引き抜く際は、痛いと感じやすくなります。
更に、ブラジリアンワックスは、毛を引き抜いて処理をするだけで、次にムダ毛が生えてこない状態に変えていく効果はありません。
ですから、時間が経てば、また同じように毛が生えてくる事になります。
その為、良い状態を維持したいと考える場合、何度も施術が必要になってきます。
ですが、翌日に水着を着る等、少しでも早く綺麗な肌に変えたいと考える場合に、有効な施術です。

 

最近の投稿