脱毛の種類と歴史|光脱毛

| 未分類 |

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、黒い色素に選択的に吸収されるという特徴を持つ光を照射させて脱毛していく方法です。その歴史は意外と浅く、日本に入ってきたのは1998年頃です。2000年頃には台数も増えてきましたが、まだまだ知名度は低く、話題になることはありませんでした。
レーザー脱毛は、医療機関でしか行えませんが、光脱毛は医師免許がなくても施術が可能なため、エステやサロンが導入するようになると、一気に普及が始まりました。それまではニードル脱毛という、針を毛穴の中に刺して電気を流して1本1本脱毛していく方式で、痛みと時間がかかっていました。光脱毛は、ニードル脱毛に比べると痛みもほとんどなく、一度に広範囲の脱毛ができるので、エステ側にもお客さん側にもメリットの大きい施術方法です。
また、黒い色に反応するために、お肌へのダメージが少ないというメリットもあります。毛の生え変わりに合わせて、何度か施術を受けていくと、自分でも毛が減っていくのが分かり、納得した上で脱毛できるのも普及が進んだ理由のひとつです。全身脱毛のような、広い範囲の施術も短時間で行えるようになり、これからも光脱毛は施術の主流になると言えます。

最近の投稿