脱毛の種類と歴史|ワックス脱毛

| 未分類 |

kz0010004348l自己処理に時間がかかり毛抜きだと毛が太くなってしまったり、ゴミや雑菌の混入などで炎症をおこし黒ずみになってしまったり、また、カミソリだと広範囲を短時間で処理することができるがすぐに生えてきてしまううえ肌へ強いダメージを与えてしまうので肌が固くなってしまったり荒れてしまったりと自己処理はなにかと面倒です。そこでこの自己処理を短時間で肌へダメージを与えずに毛穴トラブルもなく終わらせようとしてできたのがワックス脱毛です。エステやサロンで施術を受けることができ、必要なときに必要な箇所だけ簡単に処理でき、毛抜きで抜いたときと同じ速度で生えてくるので、カミソリと違いすぐ生えてくるわけではないので結婚式やハネムーン前などには最適な手法でした。しかし、ニードルという脱毛方法が現れ、すべての部位を一度に施術できないので施術できなかった部分をワックス脱毛できれいにするという予備的な使い方に変化しました。ニードルは毛根を焼き切る手法なので永久脱毛なので得られるメリットは大きいですが、痛みが激しく料金も高額だったためワックス脱毛のような痛みの少ない脱毛方法に戻す人も多かったです。今の痛みもほとんどない施術が生まれる前の主流ともいえる脱毛方法です。

最近の投稿