脱毛するときに注意すること

| 未分類 |

きれいな肌になりたい人から注目されている脱毛は、ムダ毛の毛根にあるメラニン色素に反応する周波数の光を、ムダ毛を脱毛したい部分の肌にあてることで、毛根にダメージを与える方法です。ムダ毛の毛根には、黒いメラニン色素がたくさん含まれており、メラニン色素に反応する光を当てると、光とメラニン色素が反応して、瞬間的に熱に変わります。この熱が、毛根にある、毛を作る働きの毛母細胞にダメージを与えるため、ムダ毛が抜けて、生えにくくなったり、毛を作る働きが衰えて毛が細く産毛のようになったりするというメカニズムです。
光の強さが強い医療脱毛では、毛根を破壊することができるため、永久脱毛をすることができ、光の強さが医療脱毛に比べて弱いサロンの脱毛では、ムダ毛が生えにくく、毛が細くなるため、ムダ毛が薄く、目立たなくなるという特徴があります。脱毛する時には、光がメラニン色素に反応しやすいという特徴を持っているため、日焼け直後のメラニン色素が増えた肌だと、光が反応してしまうことがあります。秋から冬にかけての季節に脱毛を始めたり、日傘や日焼け止め、長袖の衣服などで肌が日に焼けないようにすることが、脱毛する時の注意点です。

最近の投稿