ムダ毛を自己処理することのリスク

| 未分類 |

顔や脇、腕、脚などのムダ毛を自己処理する際に、多くの場合カミソリが用いられます。カミソリは安価で手に入りますし、入浴時にすぐに剃ることができるので、気軽にムダ毛処理ができます。
ところが、ムダ毛の自己処理には大きな危険性があります。カミソリは刃物であるため、肌とカミソリ部分の角度や、剃る方向を少しでも謝ると、切り傷がつき出血してしまいます。せっかくつるつる肌になりたくてムダ毛処理を行ったにも関わらず、傷がついては本末転倒だといえます。切り傷は跡が残ることもありますので、特に注意が必要です。
また、カミソリを使っての自己処理のリスクとして、毛先がスパッとカットされるため、毛の断面が平らになり、次に伸びて来た時に毛が濃くなったように見えることがあります。
さらに、カミソリで処理した時に起こりうるやっかいなことが、「埋没毛」です。生えてくる毛が皮膚の下に留まり、表面に出てくることができない状態となります。こうなった場合、人によっては毛が埋まっている部分の皮膚を意図的に傷つけ、毛先を出して抜くことがあります。しかし、それは痛みがありますし、その部分が炎症を起こすこともありますので控えた方が良いです。埋没毛が深い場合は、皮膚科で処置してもらう方が良いです。
このような危険性を考えると、肌に負担の少ない方法でのムダ毛処理がいかに大切かということがわかります。

最近の投稿